トピックス

 赤い羽根共同募金運動が始まりました

 昭和22年にスタートした共同募金運動は、今年で70年目を迎えます。
 長年にわたりご協力いただいた寄付者の皆様、ボランティアの皆様に心よりお礼を申しあげます。
 共同募金運動は、戦後まもなく、戦災孤児や生活に困った人たちをたすけようと、「国民たすけあい運動」として始まりました。昨年までの69年間の募金総額は9,491億円に及び、時代のニーズに合わせてその使いみちも変遷してきました。
 現在では、「社会福祉法」に定められた地域福祉の推進を目的に、さまざまな地域の課題解決に取り組む民間団体を支援する「じぶんの町を良くするしくみ。」として地域のさまざまな福祉活動を支援しています。
 みんなでたすけあいながら共に生きる、そうしたより良い地域づくりのために、今年も皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 赤い羽根logo希望さん