見守りネットワーク

sozai03見守りネットワークとは

「住み慣れた地域で誰もが安心して心豊かに暮らし続けることができる地域(まち)づくり」の実現のため、市社協では地域福祉活動の実践者である「民生委員」「福祉員」「自治会長」の三者とともに、対象者の現況を話し合う場の設定やマップ作成など、見守り活動が円滑に推進するための会合(三者交流会)を開き、支援を行ってまいりました。
しかし個人情報保護など、活動者の間で見守りに最低限必要となる情報の共有化がしづらくなるケースもあり、対象者のプライバシーに配慮するあまり、対象者の意志がいわゆる『置き去り』になってしまう事例などの課題もありました。

見守りネットワーク01
そこでこのたび、対象者に見守りネットワークへの加入意志確認をとり、どの程度の見守り活動を希望されているのか等意識調査を実施することで、必要最低限の情報が共有できる体制(「どうしちょるネット」)づくりに取り組み、対象者が望む形での見守り活動を実践し、対象者自身もネットワークに参加しているという意識と安心をもって、地域との繋がりがより強くなっていくことをめざします。
今後、対象者の“困り事”等の状況を調査し、その福祉課題を解決するための新たな福祉サービスや事業も検討・実施してゆく考えです。

 

山陽小野田市社協が推進する見守り事業
見守りネットワーク03見守りネットワーク04見守りネットワーク02
sozai09三者交流会
sozai09見守り活動支援システム運用の整備
sozai09見守り活動記録簿の作成及び整理
sozai09「どうしちょるネット」への加入調査
sozai09地区社協見守り需給調整会議(ネット会議)支援
sozai09あんしんキットの活用及び配付

 
みまもり新

 

 

こんな不安はありませんか?
sozai10
sozai12見守ってほしいし、話し相手もほしい
sozai12一人暮らしで不安
sozai12見守ってほしいけれど人に家の中まで入ってほしくない

sozai12家で倒れた時、だれのところへ連絡してもらう?
sozai12何かあった時かかりつけ医へ連絡をとってもらいたいけれど
sozai12デイサービスから帰ると一人で不安

「どうしちょるネット」に加入すると・・・

三つの安心に
@ 地区社協を通して、日常的に気にかけてくれる人がいる安心
A 自分の意思で作るオーダーメイドの見守りで安心
B 緊急時に必要な自分のデータを管理し、福祉関連機関につないでもらえる安心

 

お問合せ・ご相談はこちら

山陽小野田市社会福祉協議会(山陽支所)

地域福祉課地域福祉係

TEL:0836-72-1813