ボランティア.jpgボランティア保険.jpgぼらカフェ.jpg介護サポーター.jpg

ボランティアについて

 

sozai02ボランティアとは「自発性」

福祉の街づくりには、そもそも市民のみんなでつくりあげていくという考え方はみんなが持っています。
そして、現在の地域づくりには、活動の形態を問わず市民のボランティア活動は欠かせない福祉力です。
近年、災害ボランティアなどさまざまな分野で活発な動きがあります。
それらの活動は、社会的な課題を解決する可能性を秘めた活動であると理解が深まっており、ボランティアという意味や意義の理解が広まっています。
ボランティア01
4つの活動原則

自分からすすんで行動する・・・「自主性・主体性」

ともに支えあい、学びあいながら、一人ひとりが力をあわせて活動する・・・「社会性・連帯性」 

金銭的な見返りを求めない(交通費・材料費などの実費弁償は無償の範囲)・・・「無償性・無給性」

自由な発想、アイディアでよりよい社会をつくる・・・「創造性・先駆性」

一般的には、ボランティアの活動原則はありますが、それぞれの活動を「ボランティア」と呼ぶかどうかは、自らで決めても特に構わないと思います。
ただし、福祉のまちづくりの目的を同じくする個人や団体を、安心安全に支援していくための制度などで、ボランティア活動内容の条件を付す場合があります。

ポイントは2つ!

『自発性』
(強制はNO!)
  『自分も相手もうれしい』
(両方ともOK!)
自分にできることは何か?どういう条件ならできるかを、よく考えて責任を持って実行することが大切です。
活動には、一日限りのイベントのお手伝いや時間・場所・回数・方法などさまざまです。
家族(世帯)の理解や協力を得て活動することが、継続的なものにつながると思います。

 

  登録ボランティア活動内容

ボランティア連絡協議会・グループ名(主な活動内容) 
赤崎会
特養施設訪問、地域福祉活動の協力、環境美化

山陽小野田BBS会
青少年の健全育成活動

千代乃会
布の絵本製作、施設訪問、施設内奉仕

もっと知ろう会
小野田地区の史蹟学習・探訪、見識を深めるための史跡案内

すみれの会
施設訪問、地域在宅福祉活動、社協行事に参加、介護予防型デイサービス手伝い
点訳グループ さつきの会
点字広報誌・月刊誌の作成及び送付、点字指導
南竜王会
地域の福祉活動、施設訪問活動・奉仕活動、社協事業に協力、介護予防型デイサービス手伝い

山陽手話サークル すみれの会
手話活動、手話講座の開催

若竹会
社会福祉関連活動、施設訪問活動
演芸奉仕グループ すずしろの会
施設・病院への演芸活動、各種行事手伝
小野田市ハッスルグループ
高齢者施設訪問、施設イベント手伝い、青少年健全育成活動
老人・身障者奉仕グループどんぐりの会
施設訪問、行事等での演芸活動
山陽小野田市子ども会育成連絡協議会
市内子ども会育成事業、小さな親切運動、募金活動
朗読奉仕グループ おとづれの会
広報等のテープ作成及び送付、朗読劇にて施設訪問
日本ボーイスカウト小野田第一団
青少年野外活動、奉仕活動、福祉行事等協力
 
老人介護グループ ひまわりの会
公共施設等の環境整備活動、高齢者・障害者の活動支援
小野田手話サークルつくしの会
手話通訳活動、市社協事業協力、聴覚障害者との交流、手話講習会開催

シニアJR倶楽部
公共施設の剪定・環境整備、図書の配本活動

点訳グループスズランの会
視覚障害者への点訳サービス
 

精神保健ボランティアなべの会
心の病にたいする啓発活動、生活支援、県精神保健ボランティア交流共同企画、昼食会開催
 

朗読グループあじさいの会
視覚障害者に広報やエッセイなどをCDにして届ける
山陽町退職者同志会
公共施設等の草刈り、町内での清掃活動
サビエル高校 カリタス会
施設訪問、街頭募金、社協行事協力
  
演芸集団きらら
演芸による施設訪問、国際交流
小野田工業高校 青少年赤十字(JRC)
JRC活動、奉仕活動(施設訪問、老人、身障児ふれあい、各種行事、募金)
要約筆記サークルねたろう
要約筆記通訳、研修会の開催、啓発活動、講座の開催
小野田高校 青少年赤十字(JRC)
JRC活動、施設訪問活動、募金活動
 
山陽更生保護女性会
更生保護事業
小野田中学校 ボランティアクラブ
募金活動、清掃活動、地域行事協力
 

 
  ●個人ボランティア活動内容

ギター
災害支援
移送ボランティア
施設訪問
読み聞かせ
見守り活動

高齢者福祉活動
スポーツ・
   
レクリエーション指導

国際交流
地域活動
環境整備

介護予防型デイサービス介助
収集整理ボランティア
児童館・児童クラブ支援

△ページトップへ

ボランティア保険について

ボランティア活動は現在、福祉のまちづくりの要として、多様な形態で活動が広範にわたり活発化しています。
本会が取り扱っているものは、全国社会福祉協議会が一括して保険会社と締結しているもので、市社協として3つの保険制度の加入手続きをしています。

 ボランティア活動保険
 ボランティア行事用保険
 
ふれあいサロンのための保険


 @個人ボランティア保険
 〜日々の安心のために〜

ボランティア活動保険
【保険種類】
・傷害補償・賠償補償
【加入対象】
・社協登録のボランティアグループ
・社協運営の団体
【補償対象者】
・ボランティア活動者個人
・ボランティアの監督義務者
※ 活動者が未成年で責任能力がないとき
年間掛金によりA・B・Cプランがあります。
【支払いできる例】
 傷 害  
・ボランティア活動中(活動のための会議などを含む)の急激かつ偶然的な事故
・ボランティア活動に向かう途中の交通事故
・熱中症(日射病等)、食中毒
 賠 償  
・ボランティアが活動中の偶然な事故によって、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことによって、損害賠償を負ったとき
【対象外】
・有償のボランティア活動
(交通費、昼食代は無償とみなします)
・学校管理下のボランティア活動・免許、資格、単位取得を目的のボランティア活動
・PTA、自治会、老人クラブなどのボランティア活動以外の目的でつくられた活動


 Aボランティア行事用保険 〜泊りがけの団体活動や1日だけの行事〜

ボランティア行事用保険
【保険種類】
傷害補償・賠償補償
【加入対象】
社協登録のボランティアグループおよび社協
【補償対象者】
・傷害補償・・・行事参加者
         (主催者含む)
・賠償補償・・・行事主催者

[Aプラン](宿泊を伴わない、最低加
        入人数20人)
[Bプラン](宿泊を伴う)の2プランが
        あります
(注)行事 =地域福祉活動の一環として行なうボランティアに関する行事をいいます。

【支払いできる例】
 傷 害 
・参加者、ボランティアのケガ
・お弁当が原因の食中毒
・熱中症(日射病等)
      (Aプランのみ対象)

 賠 償 
・会場設備の不備によるケガ
・預かっていた参加者の持ち物の紛失
・場所の選定ミス、計画自体のミスによる死亡

 
 Bサロン保険 〜安心なサロン運営のために 〜

「ふれあいサロン」のための保険
【保険種類】
傷害補償
【加入対象】
社協登録の「ふれあいいきいきサロン」
【補償対象者】
・利用者
・ボランティア
・社協職員

Aプラン、Bプランの2プランがあります

【支払いできる例】
 傷 害 
・参加者が石につまづき転んだケガ
・参加する為会場に行く途中のケガ
・準備中のボランティアのケガ
・お弁当による食中毒

☆活動中または活動のための自宅から活動場所までの往復途上やお花見などの外出中の事故

【対象外】
・脳疾患、疾病(心臓疾患を含む)
 心神喪失によるケガ

・宿泊行事でケガ
     【宿泊行事は対象外】

・地震、津波による事故
・対人または対物に対する賠償

△ページトップへ

いきいき介護サポーター事業について

 いきいき介護サポーター事業とは? 

 市内在住の40歳以上の方に、受入施設(介護保険施設等)において、サポーター活動を行っていただき、

 その実績に応じて交付金を交付する事業です。

 目的 

 この事業は、山陽小野田市介護予防事業の一つとして、介護施設等でのサポーター活動を通して地域に

 貢献することを推奨・支援するためのものです。

 いつまでもお元気でいきいきと暮らしていただくことを目的としています。