主な事業

__sozai__/0012123.gif福祉の輪づくり運動
__sozai__/0012123.gif介護保険事業
__sozai__/0012123.gif日常生活支援
__sozai__/0012123.gif収益事業
__sozai__/0012123.gif善意銀行事業
__sozai__/0012123.gif児童福祉
__sozai__/0012123.gif共同募金運動
__sozai__/0012123.gif障害者福祉

社協は、市民をはじめ、地域のさまざまな組織・団体で構成されており、会費をいただいて運営する組織として、行政や多くの組織・団体などと協働して、住民が主役地域福祉活動の推進に取り組んでいます。
まさに、地域福祉へのコーディネート役です!

sozai09相談窓口から福祉ニーズ
社協は、「福祉総合相談」などの相談窓口を開設して住民の困りごと・悩みなどを受け付け、また、福祉員・民生委員児童委員・自治会長・担い手や地域のさまざまな機関を通じて、地域にある福祉課題をキャッチしています。
  sozai09支援の仕組みづくり
社協は、キャッチした問題や悩みなどを、さまざまな福祉サービスや小地域見守りネットワーク活動などを組み合わせて、個々のニーズに沿ったきめ細かい支援を提供する仕組みをつくります。
  sozai09生活支援
社協は、介護や障がいなどで支援が必要な方へサービス提供を行なう一方、地域住民の声を受け止めて支援活動を行っています。

福祉の輪づくり運動

sozai05福祉の輪づくり運動』 をすすめる 社会福祉協議会

一言でいえば、『困った時にお互いが助けあえる組織をつくろう』という社協が地域福祉をすすめるさまざまな事業や小地域の活動のことをいいます。

私たちが住んでいる地域社会で、日常生活の中で問題などが発生したとき、まず地域の中で話し合い、その問題を解決していくために、地域(自治会)の人々をはじめ地区社協、福祉員、民生児童委員、行政、関係団体などのご協力を得ながら、問題を解決するしくみをつくりあげ、ともに実践しようとする活動です。

福祉の輪づくり運動01

主な取り組み  
福祉総合相談
■地区社協との協働事業
■福祉員活動
■自治会の福祉の輪づくり活動
■地域福祉懇談会
ふれあいいきいきサロン
あんしんキット活用

■ボランティア活動支援
各種講座の開催
■福祉啓発行事〔イベント〕
手話通訳・要約筆記

sozai05福祉員・民生委員・児童委員さんの役割について

私たちの暮らしをより良くするためにどうすればよいか、できるところから取り組まれる「福祉員さん」「民生委員・児童委員さん」にはそれぞれ役割がありますが、福祉のまちづくりへの目標は同じです。 

福祉・生活問題を把握解決していくこと、まさに、両者は地域福祉の担い手であり、いわば【福祉の両輪】 です。

福祉の輪づくり運動02

 

ご近所にこんなことで困っている人はいませんか?
sozai09ひとり暮らしで話し相手がいない。
sozai09食事の支度や、毎日の買い物・通院等日常生活で困っている。
sozai09子育てで悩んでいることがあるけど、近くに相談できる人がいない。

sozai09福祉サービスを利用していて不満に思うことがあるけど言えないでいる。
sozai09訪問販売等で、断りきれずに商品を買わされて困っている。
sozai09日常的な金銭管理に不安を感じている。
sozai09介護保険を利用したいけど手続きがわからない。

福祉の輪づくりの担い手は、福祉員、民生委員・児童委員のほかに、ボランティア、福祉・医療専門職、施設、企業、団体そして近所の人たちなのです。

  

  ■福祉の輪づくり運動の担い手

  福 祉 員 民生委員・児童委員
任命者 山陽小野田市社会福祉協議会長から委嘱 厚生労働大臣から委嘱
根拠となる法等 福祉員設置規則〔市社協制定〕 民生委員法および児童福祉法
任期期間 2年間(自治会によっては、1年) 3年間
担当区域 選出された自治会の地域 複数の自治会区域
人数 320人 158人  (149人 民生委員・児童委員)
 (9人 主任児童委員)
組織 市内11地区に福祉員の会を設置 市内4地区に「地区民生児童委員協議会」を設置
性格 小地区の福祉活動をすすめる推進者 地域における相談・支援のボランティア
活動内容 ・福祉の情報を地域の皆さまへお知らせする。
地域の福祉問題を発見し把握する。
見守りネットワーク活動をすすめる。
1人暮らしの方などの緊急時対応をすすめる。
地域の助け合い、ふれあい活動をすすめる。
社会福祉協議会の運営・事業へ協力をする。
住民の実態や福祉ニーズを日常的に把握する。
生活に困っている人や、高齢者、障がいのある人、
 児童、母子などの相談に応じたり助言する。

社会福祉の制度やサービス等の情報を提供する。
福祉サービスを住民につなぐパイプ役となる。
問合せ先 市社会福祉協議会 地域福祉課地域福祉係
 山陽支所 TEL:72-1813
市社会福祉課  地域福祉係 TEL:82−1174

△ページトップへ

日常生活支援


住み慣れた地域や家庭のなかで、誰もが安心して暮らしていけるために、地域コミュニティづくりと連携し、日常生活支援のための介護予防、家事援助、健康保持、相談事業などを目的に取り組みをします。

主な取り組み
■家事援助サービス
地域福祉権利擁護事業
介助用具(車イス)の貸出
各種資金の貸付
■法人成年後見人受任事業
いきいき介護サポーター事業
地域活動支援器材の貸出
日常生活支援01

△ページトップへ

善意銀行事業


善意銀行は、市民の皆さまから善意の寄付をお預かりして、市内の福祉を必要とされる方や施設のために活用していくその流れが「銀行」の預託と払出の仕組みに似ていることから名付けられ、社協事業を通じて私たちの福祉のまちづくりのために還元しています。

詳しくは「善意銀行」ページをご覧ください。
 

△ページトップへ

共同募金運動


都道府県単位で取り組む国民総参加の唯一の募金活動で、本市では山陽小野田市共同募金委員会を設置し、多くの方々の協力のもとに運動啓発、募金活動を展開しています。

詳しくは「共同募金」ページをご覧ください。
共同募金01

△ページトップへ

介護保険事業

sozai05社協が介護保険事業を行う理由

平成12年、国において介護保険制度が導入されました。この制度は、介護を社会全体で支えていく社会保険制度として、保健・医療・福祉の向上と福祉の増進をはかることを目的とされています。

現在においても、少子高齢化の進行とともに、『介護』が国民的な課題となり老後の最大不安要因にもなっています。

このことを背景に、市民の暮らしを支援する使命をもつ社協も、介護保険事業に取り組むことは大きな意義があるものと考えられる一方、従来と異なり、これからは1事業者として他事業者と同じく競争原理(市場原理)に直面することが前提です。

介護支援事業01
社協が介護保険事業に取り組む3つの意義

要援護者を総合的に支える
要援護者(寝たきり、障がい者など)の生活課題を把握しながら、利用者に対して公的な福祉サービスや制度などでは対応できない問題に対しても、地域の住民活動による助け合いやサービスにつなげることにより、利用者を総合的な視点で支えることをめざしています。

地域福祉事業との連携
介護保険事業(訪問介護、居宅介護支援、訪問入浴介護など)を実施して生じた利益を、社協が実施する地域福祉事業を通じて市民のためのまちづくりに還元することができ、介護保険事業と地域福祉事業との連携をめざしています。

過疎地域にもサービス提供
一般的に民間事業者が介護保険事業を展開するうえで、過疎地域においては事業効率も悪く採算の見通しが立ちにくいため、民間参入が低調になることが現状です。
もちろん、社協も採算を考え経営的な視点で取り組みますが、社協の使命には『だれもが 安心して 暮らせる 住みよい 地域づくり』があります。
したがって、社協はあくまでも利用者の声に応えるために、過疎地域においても介護サービスを提供していくことを考え事業展開しています。

 

sozai05介護保険事業の取り組み内容
 介護支援事業02

高齢社会になり、だれもが地域で安心して暮らせるためには、介護には無関心ではいられません。


市社協では、以下の取組をおこなっています。

 ・介護保険制度による介護サービスの提供
 ・できるだけ介護状態にならないための介護予防
 ・介護者を支えるための集い

介護保険の事業内容
sozai09居宅介護支援 【ケアマネジメント】
介護保険サービス利用者が自立した生活が送れるように 、ケアマネージャー(介護支援専門員)が、
介護計画(ケアプラン)の作成 、サービスの連絡・調整・各種申請代行を行ないます。

sozai09訪問介護 【ホームヘルパーの派遣】
安心してご自宅で暮らせるように、ヘルパーが訪問して 食事・入浴・排せつの介助などの身体介護や炊事・清掃・洗濯といった家事など日常生活の援助を行ないます。

 

 
〜ひとりで悩まないで あなたの笑顔がみたいから〜
市内には、介護者さん同士などが集う機会があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

△ページトップへ

収益事業


山陽オートレース場内で社協売店事業を行い、みんなの暮らしをよりよくする福祉のまちづくりのために役立てています。

詳しくは「支所・関連施設」ページをご覧ください。
収益事業01

△ページトップへ

児童福祉


「子どもの城」と児童健全育成の中核として、7児童館の指定管理運営を行っています。
また、市内全校区において12児童クラブを受託運営し、留守家庭学童保育を行っています。

詳しくは「支所・関連施設」ページをご覧ください。
児童福祉事業01

△ページトップへ

障害者福祉


障害福祉サービス事業所(グリーンヒル山陽)を運営し、利用者の自立と社会参加促進のために、就労のための作業指導や生活支援を行っています。

また、市内の障害者施設利用者との「ふれあい運動会」を市と共催において開催。

詳しくは「支所・関連施設」ページをご覧ください。
障害者福祉

△ページトップへ