生活困窮見出し 

 「家賃や水道料金が払えなくて困っている」、「仕事が長く続かない」・・・

 誰にも言わず一人でそんな悩みを抱えていませんか?

  山陽小野田市にお住まいの方で、生活上の様々な問題に直面している方を支援する窓口ができました。

 一人で悩まないで まずは 「地域生活支援センター」 ご相談ください。

「地域生活支援センター」の役割

 平成27年4月1日から、全国で生活困窮者自立支援事業が始まりました。

 この事業は、生活保護までには至らないけど、失業などされて生活に困っている方や、地域社会の中で孤立されて助けを求めておられる方、いろんな複合的な問題を抱えておられる方など、これまで福祉の制度では対応できず“制度の狭間”におかれた方々に寄り添って、自立を支援しようとするものです。
 地域生活支援センターでは、この事業のうち自立相談支援事業を行っています。
 生活に困窮している山陽小野田市在住の方が対象です。ご家族などまわりの方からの相談でも受付いたします。
 ご本人が抱えていらっしゃる課題や問題を整理し、ご本人が置かれている状況を、各関係機関と連携しながらご支援させていただきます。 

支援の流れ

 

 ura.jpg

問合せ新地図

 

 ※中央福祉センターでの相談の窓口は、受付時間中は常に開かれておりますが、他のご相談のため相談員がすぐにご相談をお受けできない場合がございます。
 まずは事前にご連絡をお願いいたします。
 なお、相談員が面談中の場合は折り返しご連絡させていただきますことを、あらかじめご了承ください。

 「地域生活支援センター」ご案内

生活に困った方を支援するサービスの紹介

__sozai__/0011729.png住居確保給付金

 離職後2年以内の65歳未満の方で、住まい(賃貸)を喪失するか、喪失のおそれのある方に、就労支援とともに、3か月間の家賃助成(※上限あり)を行います。

    ●住宅確保給付金のしおり(申請から支給決定までの流れが記載されています。)

 

 

就労準備支援事業

 「規則正しい生活習慣がなかなか身につかない」「他人との会話が苦手」などの理由で、就労が困難な人の相談を受け、生活習慣の改善など、就労に向けた支援を行います。
  ただし、自立相談を受けていただいた後、必要に応じてこの事業へ繋ぎます。

      ◎就労準備支援機関  NPO法人ワーカーズコープ

                      「はなきりん」 71−2001     

                                                

生活福祉資金貸付事業

 「生活福祉資金貸付制度」は、所得の少ない世帯、障害者や高齢者世帯に対して、具体的な利用目的がある場合に、該当する資金の貸付を行い、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的とする社会福祉制度です。
 お住まいの地域を担当する民生委員と地域生活支援センターを経由して山口県社会福祉協議会へ申込みます。

    ●生活福祉資金貸付制度のご案内

     (総合支援資金・緊急小口資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金)

 

※相談申請に、生活状況の聞き取り、書類の提出や制度によっては民生委員の面接や審査に時間を要するもの等があります。
  また、貸付には一定の条件があり、対象とならない場合もあります。     

お問合せ・ご相談はこちら

山陽小野田市社会福祉協議会

地域生活支援センター

TEL:0120-83-2344(フリーダイヤル)

受付時間:8:30〜17:15(土日祝日は除く)

山陽小野田市大字鴨庄92
(山陽総合福祉センター内)